人が集まる所にAED

AED設置が推奨される所

トップ / AED設置が推奨される所

AEDの設置個所の情報

  • AEDで救える命
  • AEDの設置場所について

    突然の心停止から救命するのに欠かせないAED(自動体外除細動器)の設置場所については、心停止の発生のリスクの大きさによってランキングされます。設置が必須となるのは「人が多く集まる」「心停止のリスクが大きいスポーツが実施される」などの考え方から、スタジアムやターミナル駅、大規模な商業施設などが挙げられます。また、AEDの設置が推奨される場所として、コンビニエンスストアやガソリンスタンドなどの生活に密接した施設が挙げられています。これは、心停止から5分以内に除細動することで救命率が大幅に高まることから、「身近な場所にあることが望ましい」という観点から言われています。

    AEDの設置場所について

    AEDの設置場所には設置基準の条件があります。効率よく設置する場所としては人が多く集まる場所で、心停止の人が発生してしまう可能性が高い場所やリスクの高い場所、目の届く場所、救助する人が多く、救急隊がすぐに駆け付けられない場所などが効率よく設置する場所になっています。その他にはAEDの設置の推奨度が高い場所などがあり、行政施設、図書館などの公共施設や1日の利用数が多い駅、空港、長距離移動する機関や、教育機関である小学、中学、高校、大学、スポーツ大会などが開催できるスタジアム、スポーツジム、ゴルフ場、野球場、海水浴場、大きい商業施設などが推奨度の高い場所になってきます。

    © Copyright AEDの場所を確認する. All rights reserved.